【失敗しない】面接で自己紹介をするときのポイント/The Best Job

余裕を持って準備しよう

面接は、対策が肝心です。いざ本番を迎えると緊張して言葉が出てこないという経験をした人も多いと思います。面接の一般的な流れを把握しておき、質問されそうな事柄の回答をあらかじめ考えておきましょう。

面接の一般的な流れ

入室

開始の10分前までには面接会場に間に合うように心がけましょう。入室するときは、ドアを軽くノックします。面接官から「どうぞ」と言われたら静かに入室します。席は、面接官に着席を勧められてから座ります。

志望動機など

その後、志望動機や転職理由などの職務経歴などを聞かれます。趣味や特技などの自己紹介をお願いされることもあります。ハキハキと面接官の顔を見て、答えましょう。

雇用条件の説明など

ある程度、質疑が終わったあとに雇用条件の説明などがあります。求人募集との内容が違っていないかしっかり確認しておきましょう。

応募者からの質問

最後に、面接官から「何か気になる点や質問などはありますか」と聞かれることが多いので、あらかじめ考えておきましょう。

退室

退室前に「ありがとうございました」と言い、面接官にしっかり一礼をして退出しましょう。以上が面接のおおまかな流れです。

事前の準備がポイント

面接

仕事のための面接で、自己紹介は必ずあると言っても過言ではありません。自分が考えている事、信念、特技、趣味などいろいろと紹介したいと考えることはあるでしょう。しかし求職のための自己紹介においては、述べることのキーポイントがいくつかあります。まず大切な事は、仕事をするうえで自分の性格がどのように役立つかを述べられるか否かがあげられます。趣味や特技がいくら凄くても、仕事となんにもかかわりがないという事であれば、プラスにとってもらえることはありません。自分が仕事の中でどのように生かしていくことが出来る能力があるのかを、しっかりと把握することが大切です。そのためには、事前に求められるものをきちんと認識し、そこに当てはまるものが自分にあるかどうかを確認していく事が必要です。やりたいこと、やれることを具体的に述べられるようにまとめましょう。また、面接というのは人柄を見るタイミングでもあります。明るく誠実に対応することで、面接担当者に良い印象を与えることもできます。話し方や姿勢などについても意識しておくべきです。

会社情報は網羅しておこう

履歴書

面接での自己紹介をする際に、必ずと言っていいほどなぜ入社を希望するのかと問われるでしょう。その際に、具体的にチャレンジしたいことや力を発揮できる部分を伝える事が大切です。従って、入社を希望する会社の情報をしっかりと把握しておくことは大前提です。給料や休日などの福利厚生の部分を知るのももちろん必要ですが、自分が希望する部署以外でどのような業務があるのか等もチェックしておくようにしましょう。いかに前向きに仕事に取り組むことが出来る人材であるかをPRすることも必要になります。多くの情報を得ておくことで、その会社に対して具体的に貢献できる部分が多くあると面接時に伝えられるかもしれません。しっかりと準備をしておくことで、より自分にプラスになることを発見することもできます。